サイト内検索

業務のリスト

つねかわ司法書士事務所

当サイトのバナーです。ご自由にお使い下さい。

会社設立ー資本金1円、取締役1人から株式会社を設立できます。ー

平成18年5月1日に会社法という法律が新たに施行されました。
従来までは、株式会社では会社を設立するに当たって資本金を最低でも1000万円以上用意しなければならず、取締役も最低3名は必要でした。
会社法施行後は、この規制が撤廃され、
資本金1円(理論上は0円も可)以上で株式会社を設立できるようになりました。
また取締役の員数も1名以上で株式会社を設立できるようになりました。
つまり会社のオーナーとたる発起人が、取締役を兼ねれば、オーナー1人で会社を設立することができます。
株式会社を設立するハードルが旧商法時代よりも低くなりました。

また会社法施行後は、定款自治の拡大に伴い会社の機関を自由に設計することができます。
取締役会設置の有無や監査役の設置の有無、
会計参与の設置の有無、
株式の内容の設計など、旧法でがんじがらめにされていた規制の多くが緩和され、
会社を設立する発起人が、会社の組織形態を会社法の範囲内で、会社の規模などに応じて自由に設計できるようになりました。

株式会社を設立するのに必要な資金は、従来の資本金1000万円必要な時代に比べれば、格段に少なくなりましたが、定款自治の拡大に伴い、会社法や商業登記法の知識がより必要とされるようになりました。

有限会社は会社法施行に伴い廃止され、
既存の有限会社は、「特例有限会社」という名の株式会社として存続していくこととなります。
ただし経過措置として残されたものであるため、将来的には既存の有限会社も廃止になるかもしれません。