サイト内検索

業務のリスト

つねかわ司法書士事務所

当サイトのバナーです。ご自由にお使い下さい。

会社設立ー株式会社と個人事業の違い2ー

事業をはじめるにあたって、
個人事業の場合は、所轄の税務署に開業届を提出するだけで、事業をはじめることができますが、
会社の場合は、様々な諸手続きを行ったうえで、設立登記を法務局に申請し、税務書類を所轄の税務署に提出しなければなりません。

平成18年5月1日に会社法という新しい法律が施行されました。
従来と比較して大きく変わった点は、次の通りです。
1.有限会社が廃止になりました。
2.株式会社の機関を法律の範囲内で自由に設計できるようになりました。
3.資本金規制が撤廃されました。

従来までは、株式会社で資本金1000万円以上、有限会社で資本金300万円以上が必要とされていましたが、会社法施行後は資本金1円以上(理論上は0円以上)でも会社を設立できるようになりました。

株式会社を設立するにあたって、従来のように1000万円以上の資本金を用意する必要はなくなりましたが、その他の設立手続きの費用として、
会社を設立する場合、株式会社で登録免許税が最低15万円以上必要です。
また定款認証費用として、電子定款認証による場合につき、約5万円必要となります。(電子定款認証によらない場合は約9万円)

会社を設立するということは、法人という法律上の「人」を新たに創設することですので、
会社設立後は、会社名義で契約をしたり、
会社名義で物を買ったり、
会社名義でお金をかりたりと、
いろいろなメリットを享受できるようになります。
また「株式会社」や「代表取締役社長」といったブランド力は、社会的な信用向上にも繋がります。