サイト内検索

業務のリスト

つねかわ司法書士事務所

当サイトのバナーです。ご自由にお使い下さい。

会社設立ー株式会社と個人事業の違いー

株式会社には法人格がありますが、個人事業には法人格がありません。
また株式会社の社員(株主)となる者の責任は有限責任ですが、個人事業主の責任は無限責任です。
そして株式会社の設立手続きは煩雑でかつ厳格な審査が行われますが、個人事業は所轄の税務署に開業届出を提出するだけ成立します。ゆえに個人事業よりも株式会社の方が社会的な信用度が高く、契約の条件に法人であることが要求される取引が多々見受けられます。
個人事業では、個人の名前でお金を借りる必要があるので、個人事業が廃業したとしても、借りたお金は全額返済しなければなりません。これを無限責任といいます。
株式会社の場合は、法人格という個人とは別の法律上の人格が存在するため、法人名義でお金を借りることができます。
法人が倒産し、法人名義の財産で法人名義の債務をすべて弁済できない場合でも、残りの借金を個人として返済する責任を負いません。
つまり法人に出資した社員は、その出資した範囲内においてのみ責任を負えば足ります。
これを有限責任といいます。

法人とは、読んで字のごとく、法律上の人です。
会社を設立するということは、新しく人を作るということです。
ゆえに、法人名義で車や不動産を購入することが出来るようになり、
法人名義でお金を借りたり、法人名義で契約を結ぶこともできるようになるのです。

株式会社では、株主を募集して資金を調達し、その資金を使って会社を運営し規模を拡大していきます。
この会社の規模を拡大するために必要な資金をより多く集めるには、株主となって会社に出資してくれる人をたくさん集めなければなりません。株主をたくさん集めるための必要な要素としては、その会社に魅力があり、その会社の株主となることに対してのリスクが少ないことがあげられます。そこで株式会社については、株主となるリスクを抑えるべく、株主を法的に保護するさまざまな制度を用意しています。